2015年06月01日

道路交通法改正による自転車運転の罰則強化

 今日(平成27年6月1日)から施行されております。


 内容はタイトルまんまです。


 あ、道路交通法上、「自転車」も「自動車」と同じ「車両」扱いです。



 で、今回の改正点をもう少し具体的に言いますと…


 まず、自転車運転の罰則強化の対象となる危険な行為が以下の14類型。



 @信号無視(道交法第7条)


 A通行禁止違反(第8条第1項)


 B歩行者用道路における車両の義務違反(第9条)


 C通行区分違反(第17条第1項、第4項又は第6項)


 D路側帯通行時の歩行者の通行妨害(第17条の2第2項)


 E遮断踏切立入り(第33条第2項)


 F交差点安全進行義務違反等(第36条)


 G交差点優先車妨害等(第37条)


 H環状交差点安全進行義務違反等(第37条の2)


 I指定場所一時不停止等(第43条)


 J歩道通行時の通行方法違反(第63条の4第2項)


 K制御装置(ブレーキ)不良自転車運転(第63条の9第1項)


 L酒酔い運転(第65条第1項)


 M安全運転義務違反(第70条)



 はい、次に、自転車運転者講習制度が実施されます。


 上記の14項目のような危険行為によって、


 ■3年以内に


 ■「違反切符による取り締まり」又は「交通事故」を2回以上行った場合は、


 公安委員会より受講命令がきます。


 ■受講時間3時間


 ■受講手数料5,700円


 ■受講命令に従わなかった場合は5万円以下の罰金


 とのことです。わーお。


 
 ちなみに、TV等が「スマホしながら運転」「傘差し運転」も取り締まりの対象になると報道していますが、


 その根拠となる条文は、第70条(安全運転義務違反)となります。



 自転車をよく利用される方は今一度、確認やイメトレをしたほうがいいかも。


 …で、ここまでは、まあ一般的な話ということで。



 5月下旬、私には、


 上記を読む限りでは解決できない疑問と申しますか、懸念事項がございました。



 身体不自由者等の方で片手運転しかできない場合はどう対処されるのか?



 と申しますのも、ごく身近にその状況下の者がおりまして。



 第70条(安全運転義務違反)を根拠とする、「ながら運転の禁止」は、


 ■「○○をしながらの運転」で注意散漫になるから禁止なのか


 ■「○○をしながらの運転」は「片手運転」になるから禁止なのか


 ■そもそも「片手運転」自体が禁止なのか


 条文だけ読んでも全く解決できない。



 で、5月下旬、大牟田警察署に確認してみました。



 当初、担当の方は『片手運転は禁止ですよー。』と「一律に」的な回答だったのですが、


 事情を説明すると『少し時間をください。』とのこと。


 待つこと約2時間。


 以下、再度の回答。



 片手運転だからといって直ちに違反とはなり得ないが、もし事故を起こした場合は過失を問われる可能性がでてくる。


 
 …ふむ。


 まあ分かる。


 分かる理解はできるんですけど、なんかしっくりこない。


 結局のところどうなの?と。


 「許可証」的なものの発行もダメ元で聞いてみたんですが、そりゃあそんな制度自体ないですし。


 
 …がしかし、私は警察担当課を批判してるわけでは決してなく、むしろ感謝しています。


 条文に文言がない以上は、そう回答せざるを得ないし、そう対処せざるを得ない。


 そして約2時間近く、条文・改正点の調査、協議までしてくださったとのことで。



 あ一応、以下の確認もしてみました。


 第70条に「ただし、やむを得ない事情あるときはこの限りにあらず」的な「但し書き」はないのかと。


 もしそういった「但し書き」があれば、「身体不自由者等の片手運転」が「やむを得ない事情」と解釈し得る根拠条文になるのではと思ったんですけどねー。


 うん、警察の担当の方から即答でした。



 『我々も調べたのですが、ございませんでした…。』



 そこまで調べてくれたのか、と警察担当課には感謝しましたが、「法律改正するなら、ある程度のことは想定しとけよな…」と感じましたねー。



 …で今回の疑問、懸念事項の対策。


 ■身体不自由者専用の自転車(ブレーキ等の整備がなされたもの)がある(らしい)から、それだったら過失割合が減る可能性があるかも


 ■自転車保険への加入


 これくらいかな。



 ちなみに障害者手帳まで携帯する必要はないそうです。
 ※各個人の状態、管轄警察署によって異なる可能性がございます。管轄警察署にご確認ください。



 あと、現実的に自転車運転者が危険かなと、感じる自転車の車道の通行。


 これに関しましては、


 ■13歳未満の子ども


 ■70歳以上の高齢者


 ■身体不自由者


 は通行可ということですので。(第9条2の2)



 …えーさて、私は明日は朝1で山鹿市ですので、安全運転のためにも早寝するべきですな。



 こんな記事のあとでもクリックするだけの余力がございましたら、ぜひ。
  ↓クリック↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
posted by たいよう at 21:33| 福岡 ☀| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。