2016年12月07日

不思議な着信音

 今日15時半頃、司法書士さんの事務所で司法書士さんのスタッフと書類の引き渡しをしていました。


 すると私のケータイの着信音が2,3コール。


 私が右ポケから取り出したのですが、すぐ切れた、と申しますか、何か変。


 なんと申しますか、フツーは、すぐ切れたにしても画面が光ってたりするはずなんですが、何もない。


 ん?と思って、すぐ着信履歴を確認したのですが、履歴にさえ残っていない…。


 んー??勘違いか?と思って、司法書士さんのスタッフに聞きました。



 『今、ケータイ鳴ってたよね?』


 『はい、鳴ってましたよ。』


 『私のじゃなかったのかなあ?』(その場にほかに何人かいましたので。)


 『いえ、太陽先生のケータイでしたよ。』



 ですよね~。…てか、いやいやいや、履歴に残ってないんですけど。


 スタッフさんにも着信履歴を見せたのですが、まあ、ないものはないわけで。


 「非通知設定」でも「非通知設定」と履歴にでると思うんですけどね。


 単にケータイの不具合なのかなあ。



 明日は佐賀行きですので、今日はこの辺でペンを置くことと致します。



 こんな記事のあとでもクリックするだけの余力がございましたら、ぜひ。
  ↓クリック↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
posted by たいよう at 00:02| 福岡 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

大切な人を亡くしました

 …記事にすべきかどうか、かなり迷ったのですが…。


 かなり迷ったのですが…。



 …おととい、祖母が他界しました。


 私達の目の前で静かに息を引き取りました。


 母と叔母が一緒にいたので涙を堪えていたのですが、訪看さんの一言で号泣してしまいました。


 そして昨日が通夜、今日、告別式を終えました。



 通夜の挨拶で私が述べたのとほぼ同じ内容ですが。
 

 私は、大学を卒業してから現在まで祖母と2人で暮らしていまして、


 祖母は私にとって、祖母であるとともに、いい飲み友達でございました。


 毎晩、祖母はワイン、私は日本酒で乾杯していたのはいい思い出です。


 また、私がフリーターの頃、夢の第1歩を叶えるため勉強している頃、


 祖母は毎日、食事や入浴の準備をしていてくれていました。


 そんな祖母に、私は果たして、ちゃんと感謝の気持ちや感謝の言葉を伝えることができていたのか…。


 それを思ったときに、すごく胸が痛くなりまして…。


 ですので、通夜の挨拶の場をお借りして感謝の気持ちを届けようとしました。



 『ばあちゃん 今まで 色々と 本当にありがとう!』と。



 しっかり届いているといいのですが…。



 あと1つ。


 祖母がよく口ずさんでいた歌。


 坂本九の「上を向いて歩こう」。


 そのワンフレーズ。



 「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 秋の日 独りぼっちの夜」



 …って、私のことかーい!


 てか、上を向いても涙がこぼれるんですけど…。


 もうね、泣きすぎて目が痛い…。



 祖母が、すでに他界している祖父と再会して、楽しく過ごしていることを祈っています。



 こんな記事のあとでもクリックするだけの余力がございましたら、ぜひ。
  ↓クリック↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
posted by たいよう at 22:44| 福岡 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする